天然水の目的別の使い方

天然水とは地下水を原水とした水のことを言います。またその処理方法などによって、ミネラルウォーター、ナチュラルウォーターにわかれます。

天然水は水道水と違い、カルピ臭さがなく天然の成分がとても多く含まれています。産地によって、バナジウムやミネラル、カルシウムなどと様々です。

例えば富士山の天然水には、バナジウムが多く含まれていると言われています。このバナジウムには疲労回復に効果があるとされています。

また南アルプスでとれる天然水にはカルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。

こういった天然水が日本ではたくさん売られています。各用途によって、そういった天然水を選ぶのも楽しいかと思います。

例えば健康のため、疲労回復などを目的としたものならば、バナジウム天然水、ただの飲料水として飲むのであれば少し安価なもの、また料理に使ったりコーヒーなどに使うのであれば軟水という風に、天然水もいろいろと使い方がたくさんあります。

特に軟水でコーヒーを淹れるとまたいつもと違った風味を味わうことができると思います。