私が使った浄水器の変遷

浄水器は結婚以来20数年使い続けています。20数年前は今ほど種類が多くなくて、使っている人もほとんどいなかったのですが、
どうしても水道水のカルキ臭が気になって,直接水道水の水が飲めませんでした。

一番最初に取り付けたのは、1ヶ月毎にカートリッジを交換するタイプで蛇口に直接取り付けのではなくて本体が別にあるタイプです。
カートリッジ自体はそんなに高額ではなかったのですが、およそ8年ほど使いましたが1ヶ月後とのカートリッジ交換が面倒になったのでやめました。

この頃になると浄水器の種類が増え、選ぶ事が出来るようになりました。
量販店に行き直接使い勝手や見た目で購入してきた浄水器は、蛇口に直接本体に取り付けるタイプです。
このタイプは私が使っていた蛇口にには重かったようで、1年も使わずに新しい浄水器を購入しました。

次に使ったのはポット型の浄水器です。このタイプは10年ほど使いました。使い勝手は一番よくて、
浄水後の水の味もよかったのですが、本体の汚れが取りにくくなったため次の浄水器を探しました。

今使ってるのが次に探した浄水器でです。ポット型と同じ会社で蛇口に取り付けられるタイプが出ていたので購入しました。
味も使い勝手もいいこと、お湯でも使えることで今までの中で一番使い勝手がよい浄水器です。なくならないで欲しいなと思っています。”