水道水と天然水の違い。

水は私達の生活に欠かせない物です。
人間の文明は、水と共に発展してきたと言っても過言ではありません。

そんな大切な水ですが、科学が発展した現代ではダムを作り、溜めた水を安全な飲み水へと殺菌、ろ過する事で私達の家庭へと送られてきます。

おそらくほとんどの方々が、そうやって送られてきた水を生活の水源として利用されているのではないでしょうか。

つまり言い換えれば、私達が使用したり飲んだりしている水はほとんどの場合、人の手が加えられた人工的な水と言う事になります。

そして、それとは対照的に人工的な手が加えられていない水、主に飲み水の事を「天然水」と言います。

天然水には山の岩層などを通りろ過されていくため、ミネラルを豊富に含んでいるという特徴があります。

また、人工的にろ過する水導水にはその過程で体にとって良くない成分も多少含まれる事がありますが、天然水は自然にろ過された水なので安全であると言われており、含まれる成分によっても口当たりや味も異なってきます。

いかがでしたでしょうか。
普段、私達が飲む水道水とは少し違った天然水。気になるという方は試されてみるのも良いかもしれません。