浄水器で安心を得る

実のところ昔から何気に気になる事で水道水って皆さんの家庭じゃどうしてるんでしょうか。
そのまま飲むのか浄水器を使っていたりするのか。

イメージでは水道水をそのまま飲む人は少数でほとんどの人が浄水器を使ってるんじゃないでしょうか。

もしくは水道水を飲むという選択肢は無くてミネラルウォーターを買って飲むとか。
地域とかにもよるかとは思いますが、やっぱり水道水をそのまま飲む人は少ないように思います。

でも最近では水道水も色々と衛生面での水準が高く設けられているとか聞きますし思っているよりか安全だったりするのかもしれませんね。
でもやはり集合住宅とかでは浄水器の方が無難な気がします。

やはり一旦タンクにため込むマンション等の場合はどうしてもタンクの衛生面に依存してしまうので色々と心配になります。

住人が毎日使うタンクはどうしても清掃やメンテナンスが定期的に行うのは難しいだろうし
衛星管理も運営元の裁量だろうから一概に安心できると思えないんですよね。

そして水道管の中を見てしまうとこれは付けないとなって気分にさせられます。
このご時勢、昔みたく自然できれいな水を無料でというのは難しいので何らかの対策をするのが必要なんだと思います。

それはやはり環境や財布と相談という事になるんでしょうが、
個人的には浄水器が手軽だし長い目でみるとコスト的にも一番かなという気がします。

飲水だけではなく、洗顔、お風呂、食器洗い、洗濯など生活で使う水の全てが気になってきます。
口に直接入れるものはミネラルウォーターで済ませても他は難しいですよね。

ちょっと高いけど、凄いのもあるのですね。
生活の水を全て天然水に戻すセントラル浄水器 

地方のガソリンの高さと、食材の野菜の安さという特徴

このところガソリンが毎週のように安くなってきています。

この間まで130円だったのが、126円まで下がってきました。車に乗る者としては嬉しい限りですが、以前に100円あるいは90円台まで下がったことを経験している人たちにとってはもう少し安くなってもよいのではないかという気持ちになってしまいます。

とはいっても円安なのでそこまで安くならないのであって、円高であれば今よりもっと安くなったのではないかとも思います。

ガソリン価格というのは地域でそれぞれ違います。

先日節約のために、東京から群馬までドライブしたのですが、ガソリンの料金がずい分違うと思いました。
Continue Reading

仕事に行きたくない時にしている私の気分転換方法

誰しも今日は仕事に行きたくないなぁという日はあると思います。

私もそうなのですが、そんな日が続いたらなかなか頑張ることが出来なくなります。
そんな時にはとっておきの秘策を実行します。

新しいものを使う事。これは新しいものがないと出来ませんが、すごく効果があると思っています。

それは洋服だったり、傘だったり、靴だったり鞄だったり様々ですが、自分へのご褒美に買ったものを、仕事に行きたくない日におろすのです。

頑張れないなという時に自分へのプレゼントで使う事によってちょっとだけ気分がよくなって頑張ることが出来ます。
Continue Reading

通年常備の天然水

 天然水は一体いつの頃から世に出回るようになったのでしょうか?
気づけば我が家にも普通に年中置いてあります。

 先の震災以来、非常用として常備されている方も多くいらっしゃることと思いますが、
我が家も、非常用兼日常的に、テーブルの上に2Lペットボトルがデーンと置いてあります。

 何故、天然水かと申しますと、年齢を重ねるごとに、朝起きたら非常に喉が渇いていて、
起き抜けに何はともあれ「水」を補給しないではいられなくなったのです。
Continue Reading

浄水器は必要か?

日本では水道水を飲み水として使用しています。
この水は安全なのでしょうか?

私は結婚をして、毎日の食事を作るようになって水の安全性が気になる様になりました。
日本では水道局で水を消毒してきれいにしています。

しかし、水道局から家の蛇口に来るまでのパイプは汚れてはいないのだろうか?

私は愛知から埼玉へ引越しした時、水が合わないのか、お肌がぶつぶつになりました。
お湯を沸かしてお茶を作っても、カルキが抜けない気もしていました。
Continue Reading

体に美味しい天然水

皆さんは水にはこだわりを持たれていますか?私は水にはこだわりがあり、今まで沢山の水を試してきました。

水道水も都道府県により味が違いますし、ウォーターサーバーもメーカーによって違いますよね。

ミネラルウォーターだと水の柔らかさ等も色々なバリエーションの物が売られていて、消費者としては選べる時代になったと共に、選ぶのが難しくなった時代になったともいえます。
Continue Reading